虫歯になった子供と歯医者

スウェーデンを見習おう!歯の自己管理!

新聞やニュースでも取り上げられることが多いスウェーデンの歯科事情ですが、日本とは大きく異なる面があります。
それは国家をあげて予防処置に取り組んでいるということです。
実はスウェーデンでは19歳以下の歯科治療は無料です。
これは歯並びの矯正や検診といったすべてが対象です。
ところがそれ以上に取り組んでいるのが自己管理の大切さです。

日本では虫歯などになってから治療を受けるということが当たり前となっています。
虫歯にならないために意識を高くもって日々過ごしているという人は少ないのではないでしょうか。
スウェーデンでは国民全体が食べ物やブラッシングにかなり注意を払っています。
毎日の生活において歯の重要性を小さい頃からしっかりと認識しているのです。
そして自分では取り切れなかった汚れをプロによってメンテナンスしてもらうのです。
虫歯になってから通うのではなく、予防として歯科を利用しているのです。

では他の海外諸国ではどういった取り組みがされているのでしょうか。
アメリカは意外にも予防が根付いています。
これは医療費の実費負担という背景があるからです。
日本のように国民健康保険がないアメリカでは、民間保険に加入することが当たり前です。
加入している保険によって受けられる治療は限られており、しかも医療費はかなり高額となります。
たとえ虫歯治療であっても進行が進んでいる場合は10万円を超えてしまうことも少なくありません。
ですから高い医療費を払わなくていいように予防やメンテナンスの意識が高いのです。

日本の健康保険は優れた制度であり、海外と比較すると治療にかかる費用はかなり低いものです。
そのために国民の意識の中で、病気になってから治療すればいいという思いがあることは否めません。

しかしこうした日本人の意識は、年を取ったときの自分の歯が何本残っているかを比較するとその問題点が浮かび上がってきます。
日本人の70歳到達時の残りが平均8本に対し、アメリカでは17本、スウェーデンではなんと20本もの歯が健康に残っています。
日本では年を取る抜けてしまうのは当たり前と捉えていますが、実はその事実は正しくないと言えるのです。

小さなことから予防に努めている諸外国では歯を健康に残すことが出来、食事を美味しく食べることが出来るという現実は、日本人が意識を変えるために注目すべきことなのです。
身体の病気を予防するように歯の健康にも日頃から努力をするべきなのです。